2009年6月9日火曜日

【島根大学の偉人2】永井隆らを育てたフリッツ・カルシュ博士

Dr. Fritz Karsch (1893~1971)

 大正14年~昭和14年、旧制松江高校で,プラーゲ博士の後任として,ドイツ語の教鞭をとり,多くの人材を育てました。
 その後、終戦まではドイツ大使館に勤めました。
 もともと小泉八雲の影響で来松し、日本の宗教や哲学、文化にも高い関心をもっていました。また、ひとの認識の発展過程を考究する「人智(じんち)学」を提唱したシュタイナーを日本に紹介するなど、日本の哲学史のうえでも重要な人物です。
 教え子には,「長崎の鐘」著者として有名な永井隆博士(元長崎医科大学教授)など,多くの著名人がいます。
 博士が暮らした外国人教師宿舎は,城下町のなかに今も残されています。
カルシュ博士(昭和13年頃,官舎庭にて)
【関連リンク】
東京医科歯科大学・若松秀俊教授によるカルシュ博士紹介HP
フリッツ・カルシュ(Wikipedia)

【参考文献】
若松秀俊 2007『四つ手網の記憶 松江を愛したフリッツ・カルシュ』ワンライン

0 件のコメント:

コメントを投稿