2013年10月1日火曜日

第61回島根大学ミュージアム講座「隠岐諸島黒耀石原産地の踏査報告」 


島根大学公開講座「考古学・歴史学からみた先史・古代の出雲 Ⅳ」(平成25年度島根大学ミュージアム市民講座第2ステージ) の第1弾です。


講師:及川 穣(島根大学法文学部准教授・島根大学ミュージアム兼任研究員)

日時:平成25年10月26日(土) 13:00~14:30

場所:松江スティックビル(松江市白潟本町43番地) 201・202研修室
先史時代の山陰地域で石器の材料として盛んに用いられた隠岐島産の黒耀石。今回は、黒耀石原産地の最新調査成果についてのお話です。

申込み:島根大学生涯教育推進センターのHPから
http://www.ercll.shimane-u.ac.jp/course/open_lecture/25_1/001036.html
 (申込みなしの当日参加も可能です。(終了証書はもらえません。))
その他:
・連続の聴講が望ましいですが、1~数回のみの参加も可能です。
・参加費無料
・受講者は、スティックビル駐車場料金が1日(¥200)に割引になります。講座修了後、2階事務室で割引券をお受取り下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿