2008年11月22日土曜日

第6回ミュージアム市民講座 「伝統的建造物群を活かしたまちづくり」を実施

 第6回は、島根大学法文学部の飯野公央先生にお話していただきました。 
 先生は、実際に天神町で白潟サロンを主宰され、町づくり政策を活発に実践されておられます。 
 札幌、小樽、吹屋(岡山)、出石(兵庫)、川越(埼玉)など、伝統的建造物群を保存し、町づくりに上手く活用している国内各地の事例を紹介され、わかりやすくお話していただきました。 
 これからの松江の町づくりを考えるうえでも意義のある講座になったと思います。 

0 件のコメント:

コメントを投稿