2017年2月22日水曜日

木材の樹種鑑定

 島根大学ミュージアムは、展示・普及啓発活動以外に、学生教育や調査研究も行っています。
 写真は、遺跡から出土した縄文時代の材をプレパラート標本にする作業スペースです。技術補佐員が1点1点、カミソリで切片を作っていく根気のいる作業です。
 これを鑑定して、当時、遺跡にどんな木が生えていたのか、植生を復元していきます。
 先日は、博物館実習に来ていた学生にも、このプレパラート作製作業を体験してもらいました。

2017年2月18日土曜日

第6回島根大学ミュージアム特別講座in広島 part2「『出雲国風土記』と掘り出された古代の道」を開催しました。

 2月18日(土)、広島市まちづくり市民交流プラザ(広島市中区)にて、第6回島根大学ミュージアム特別講座in広島 part2「『出雲国風土記』と掘り出された古代の道」を開催しました。

 この講座は、平成25年度に島根大学ミュージアム特別講座in広島「出雲文化へのいざない」を開催した際、大変好評で、再度の開催要望が多く寄せられたことから、パート2として企画したものです。

 今回の講師は、大橋泰夫先生(島根大学法文学部教授・島根大学古代出雲プロジェクトセンター長)が務められ、古代の道路について解説されました。

 はじめに、古代律令国家が建設した、都から各地にのびる道路(七道)や駅伝制について説明がありました。また、七道のなかの山陰道や山陽道の具体的なルートや、いつ頃、道路が造られたのかについて解説がありました。さらに、近年、島根県内各地の遺跡で発見されている山陰道、隠岐道、駅家の実態について、スライドを交えて紹介していただきました。

 今年度、6回にわたって開催してきた島根大学ミュージアム特別講座in広島 part2 は、今回で最終回となりました。毎回、広島の皆様に熱心に聴講していただき、まことにありがとうございました。

◆関連記事