2009年1月31日土曜日

第8回ミュージアム市民講座「江戸時代の結婚・出生―石見銀山領の宗門改帳から見る」を開催。

 1月31日(土)に、第8回市民講座を開催しました。 
 今回は、人口学を研究されている廣嶋清志先生に、幕末の石見銀山周辺地域の人口や出生率についてお話していただきました。 
 石見銀山のある大森町の熊谷家に伝わっていた宗門改帳(しゅうもんあらためちょう)という、現在の戸籍にあたる膨大な史料を分析された研究成果のご発表で、大変客観的で興味深い内容でした。 

山陰中央新報にも紹介されていました。>>http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php... 

0 件のコメント:

コメントを投稿