2009年3月14日土曜日

第10回ミュージアム市民講座「『類題八雲集』にみる松江藩士の歌」を開催

 本日は,第10回ミュージアム市民講座を開催しました。 
 今回は、島根大学法文学部で近世文学を御研究されている蘆田耕一先生に、『類題八雲集』の内容について話していただきました。 
 『類題八雲集』は、江戸時代、78代国造・千家尊孫が編纂した歌集で、出雲大社に関わる者、松江藩の藩士、神社関係者などが詠んだ歌が掲載されています。 
 和歌発祥の地、出雲で詠まれた江戸時代の歌の内容について、丁寧にご説明いただきました。 

0 件のコメント:

コメントを投稿