2010年6月26日土曜日

第23回島根大学ミュージアム市民講座「東南アジア(インドネシア)、西アフリカ(マリ、ニジェール)、中央アメリカ(メキシコ)の自然環境と農業」開催しました。

 6月26日(土)は、第23回島根大学ミュージアム市民講座を開催しました。 

 今回は、増永二之先生(島根大学生物資源科学部教授)に、世界各地の多様な自然環境とそれに即した農業のお話を、たくさんの貴重なスライド写真をまじえてお話していただきました。 

 増永先生は、以前はJICAの青年海外協力隊でインドネシアや西アフリカのニジェールなどに行かれて、現地で農業指導をされていました。 

 また、最近はアフガニスタンのほうにも行かれておられました。現在もテロが起こったりと危険な状態が続いているそうです。 

 世界にはまだ、たくさんの発展途上国があり、貧しい生活を送っている人々がいます。食糧生産の増加につながる、こうした農業指導こそ、真に必要な国際貢献になることを、お話を聞いて実感しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿