2012年1月29日日曜日

第43回島根大学ミュージアム市民講座「出雲風土記抄を読む-岸崎佐久次の古代出雲-」


今年は『古事記』編さん1300年の年で、全国から「古代出雲」に関心が向けられています。
江戸時代にも、いち早く「古代出雲」に目を向けた人がいました。松江藩士・岸崎佐久次は、それまで一般には知られていなかった『出雲国風土記』の研究をおこない、注釈書『出雲風土記抄』を著しました。
今回のお話は、この『出雲風土記抄』を読みながら、江戸時代の人がみた「古代出雲」観について考えます。


講師:大日方克己(島根大学法文学部教授)
日時:平成24年2月18日(土) 午後1:00~2:30
場所:松江スティックビル(松江市白潟本町43番地) 201・202研修室
その他:
・参加申込み不要
・参加費無料
・受講者は、スティックビル駐車場料金が無料になります。


大きな地図で見る

0 件のコメント:

コメントを投稿