2012年2月3日金曜日

【島根大学の貴重標本類25】島根県の化石

島根大学ミュージアム所蔵の化石には、島根県産のものが多くあります。これらは、現在、「島根大学標本資料類データベース」に登録中です。

多いのは、布志名層唐鐘層などで採取された新生代中新世約2,300万年前~約500万年前)のものです。

イズモノアシタガイ
フジナウバトリガイ
フジナトクバイ
など、地元の地名がついているものは、地元で発見され記載されたものになります。
イズモノアシタガイ(とても前向きな種名です。)
また、県西部・吉賀町の樋口層群では、中生代ジュラ紀約1億9960万年前~約1億4550万年前)の化石も産出します。
カナバリアの一種(アンモナイト)

0 件のコメント:

コメントを投稿