2012年11月15日木曜日

「島根大学標本資料類データベース」が注目事項として評価されました。


文部科学省平成23年度国立大学法人に対する業務実績評価のなかで、島根大学ミュージアムが制作した、『島根大学標本資料類データベース』が、注目事項としてあげられていました。

日頃、地道にやっている仕事を、このように評価していただけると励みになります。ありがとうございました。

-------------------------------------------


■『国立大学法人島根大学の平成23年度に係る業務の実績に関する評価結果』(PDF)
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2012/11/07/1327639_3.pdf


P.4

Ⅱ.教育研究等の質の向上の状況

平成23 年度の実績のうち、下記の事項が注目される。


○ 島根県内で出土した考古学資料や様々な動物標本のほか、戦前の町並みなどが写る旧制松江高等学校時代の貴重な写真等、明治以降収集してきた様々な分野の標本資料類をウェブサイトで横断的・総合的に検索・閲覧できる「島根大学標本資料類データベース」システムを構築・公開している。

0 件のコメント:

コメントを投稿