2012年12月25日火曜日

島根県立古代出雲歴史博物館企画展「匠の技--弥生木製品から出雲大社まで--」で縄文のカイ・ヤス柄貸出し

本日午前中は、普段はミュージアム本館展示室で常設展示している縄文前期の櫂2本とヤスの柄1本の貸し出し作業がありました。

2013年1月18日(金)~3月17日(日)、島根県立古代出雲歴史博物館で開催予定の企画展「匠の技--弥生木製品から出雲大社まで--」で展示されるためです。

縄文前期の櫂とヤス柄は、島根大学松江キャンパスから出土したもので、完全な形として残る資料としては最古級となります。

企画展では、その他の木製品展示資料も見所がたくさんあるそうです。展示会が盛況となることを期待しております。
貸し出される縄文の櫂(左側)
テキパキかつ慎重に作業される作業員さんたち

0 件のコメント:

コメントを投稿