2014年8月2日土曜日

夏休み子どもミュージアム体験教室「大昔の島根を知ろう! ~1300-1400万年前の化石を調べよう!~」を開催しました。

本日午前中、夏休み子どもミュージアム体験教室「大昔の島根を知ろう! ~1300-1400万年前の化石を調べよう!~」を開催し、25組50名以上の親子が参加しました。

今回は、県内でも気軽に化石を採取できるスポットである小田海岸(島根県出雲市多伎町)に出かけて、みんなで化石採集をしました。

まず、講師である当館の入月俊明館長 (島根大学大学院総合理工学研究科教授)から、地層の年代やハンマーの使い方、化石の見分け方などの説明がありました。

その後、海岸に落ちている石のなかで化石が含まれているものを探し、銘々で割って、中にある化石を観察しました。参加した子供たちは、1時間半、夢中になって化石探しを堪能しました。発見した化石について、入月館長に鑑定をお願いしたり、真剣なまなざしで観察したりしていました。

採取した化石は、各自で持ち帰り、クリーニングをして箱にいれ、標本にしてもらいます。夏休みの自由研究のひとつにする子供もいるようです。

大自然のなかで、体と頭を使いながら化石について学ぶことができた、夏休みの楽しい1日となりました。

小田海岸についてはこちら(ウェブ版 島根地質百選)≫

小田海岸

礫の中に化石が!

心配そうに見守るお父さん


化石の種類を鑑定中

大自然が教室。遠方は島根半島。

0 件のコメント:

コメントを投稿