2014年10月4日土曜日

博物館実習の事後指導

本日は、法文学部学生が受講した「博物館実習」の事後指導を行いました。
 

博物館実習とは、学芸員資格を取得しようとする学生が、学外の博物館で1週間以上かけて、様々な作業に取り組むものです。今年度は、県立古代出雲歴史博物館、県立美術館、松江市立出雲玉作資料館で、実習をさせていただきました。

担当された学芸員の先生方は、忙しい業務のなかで、無償で学生たちのために実習の指導をしていただいております。今年度も充実した実習をしていただきました。改めて御礼申し上げます。

学生たちも一生懸命取り組んだようでした。本日の事後指導をもって、やっと資格の取得ができたわけです。ご苦労様でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿