2016年1月7日木曜日

島根大学古代出雲プロジェクトセンター講演会「考古学からみた朝鮮半島と古代出雲の逢着」のご案内【1/30】

島根大学古代出雲プロジェクトセンター主催講演会のご案内です。
別組織主催の講演会ですが、島根大学ミュージアムのブログからも広報させていただきます。皆さまお誘い合わせのうえ、ご参加くださいますようお願い申し上げます。


島根大学古代出雲プロジェクトセンター講演会
「考古学からみた朝鮮半島と古代出雲の逢着」

「出雲」と「朝鮮半島」。異なる文化を有していたこの2つの地域は古代においてどのような関わりを持っていたのでしょうか?
古代の日本列島とも関係深い加耶考古学研究の第一人者である申敬澈先生をお迎えして、考古資料から見た古代における「出雲」と「朝鮮半島」の「出会い」について耳を傾けてみましょう。

【日時】 平成28130() 13:0014:45
【講師】 敬澈 ()(シン・ギョンチョル) 先生(大韓民国 国立釜山大学校人文大学考古学科教授)
【対象】 一般市民・大学生・高校生
※申込み不要・参加費無料

【プログラム】
13:0013:10 開会挨拶・講師紹介
 大橋泰夫(島根大学古代出雲プロジェクトセンター長/島根大学法文学部教授)
13:1014:40 講演『考古学から探る加耶と古代出雲』
 申敬澈先生(大韓民国 国立釜山大学校人文大学考古学科教授)
14:4014:45 閉会挨拶
  平郡達哉(島根大学古代出雲プロジェクトセンター研究員/島根大学法文学部准教授)

主催:島根大学古代出雲プロジェクトセンター【歴史資料による地域研究と情報発信~古代出雲像の再構築~】・島根大学COC事業

【お問い合わせ】
島根大学古代出雲プロジェクトセンター・島根大学考古学研究室
TEL0852-32-6100(島根大学代表) 内線3235で呼び出し

0 件のコメント:

コメントを投稿