2016年6月25日土曜日

第88回ミュージアム講座「スリランカの自然環境と直面する災害」(兼:まつえ市民大学連携講座)を開催しました。

本日午後は、松江スティックビルにて、第88回ミュージアム講座「スリランカの自然環境と直面する災害」(兼:まつえ市民大学連携講座)を開催しました。

講師は、スリランカをはじめ、海外での調査研究に精力的に取り組まれておられる石賀裕明先生(島根大学総合理工学研究科教授)でした。

まず、スリランカとはどのような国なのか説明がありました。面積は北海道の約0.8倍、人口は約2000万人、宗教は仏教で、2009年の内戦終結以降は政情も安定しているそうです。また、数多くの仏教遺跡や都市遺跡などが残されているそうです。

なお、島根大学では、スリランカのペラデニア大学と協定を結んで、多くの留学生受け入れを積極的に行ってきたとのことです。当大学には、島根大学の同窓会もあります。

後半は、スリランカの自然災害についての説明でした。スリランカ中央部の山岳地帯では、斜面の地すべり災害が頻発しており、そのメカニズムについて解説がありました。

また、2004年に発生したスマトラ島沖地震による津波被害や復興の状況についても説明がありました。この津波では、3万人あまりもの人々が亡くなったそうです。

現在、石賀教授は、スリランカとの共同研究として、地下水汚染の問題や遺跡の地質考古学的調査に取り組まれているそうです。こうした研究の進展によって、日本とスリランカの友好や信頼関係がますます深まっていくことが期待されています。

0 件のコメント:

コメントを投稿