2016年6月18日土曜日

教養科目「フィールドで学ぶ斐伊川百科」で巡検

 本日は、法文学部の先生方などで主宰されている教養科目「フィールドで学ぶ斐伊川百科」で、斐伊川流域の授業に関連する史跡・ミュージアムなどを巡りました。ミュージアム教員も解説のために同行しました。

 コースは、以下の通りでした。
島大松江キャンパス→
愛宕山公園・日清戦争従軍紀念碑(出雲市平田町)→
木綿街道
斐川の築地松→
青木遺跡
出雲弥生の森博物館・西谷墳墓群(出雲市大津町)→
たたら製鉄鉄師の田部家土蔵群(雲南市吉田町吉田)→
八重山神社(雲南市掛谷町)

 今年は、新たな訪問地として、牛馬の神様として信仰を集める八重山神社が加わりました。急峻な絶壁の上にある神社で、苦労して訪れた価値がありました。
愛宕山公園から斐川平野をのぞむ

木綿街道

出雲弥生の森博物館

八重山神社随神門

福光石製のユニークな狛犬

心臓破りの参道

断崖絶壁にある八重山神社の本殿

0 件のコメント:

コメントを投稿