2017年6月7日水曜日

博物館見学実習で島根原子力館・鹿島歴史民俗資料館を見学

 本日の学芸員養成課程・博物館実習Ⅱでは、法文学部と総合理工学部の学生たち合同で、松江市鹿島町にある島根原子力館鹿島歴史民俗資料館を見学させていただきました。
 島根原子力館は中国電力の企業博物館で原子力発電や放射線の仕組みなどについて、ハンズオン展示・映像展示を多用して展示してあります。展示内容についてリテラシーをもって見学することや、分かりやすく伝える工夫などについて学んでもらったと思います。
 鹿島歴史民俗資料館は松江市鹿島町内の考古資料、ユネスコ無形文化遺産の佐陀神能の資料、魯迅と親交のあった島根大学名誉教授の増田渉先生の資料などが展示してあります。コンパクトですが、郷土の歴史が分かるキラリと光る内容になっています。


0 件のコメント:

コメントを投稿