2020年2月11日火曜日

冬の子どもミュージアム体験教室「チョコレートで化石・土偶のレプリカを作ろう!」を開催しました。

 本日、冬の子どもミュージアム体験教室「チョコレートで化石・土偶のレプリカを作ろう!」を開催しました。
 今回の企画は、2月のバレンタインデーにあわせて、チョコレートのレプリカを作成することで、化石や考古資料について興味をもってもらうことをねらいとしたものです。
 まず、館長や大学院生の指導のもと、食品用シリコンで作ったアンモナイト・三葉虫・ミニ土偶・ミニ銅鐸などの型に、お湯で溶かしたチョコレートを流し込みました。流し込んだチョコレートは冷凍庫で30分程度で固まります。固まったチョコレートを壊さないように慎重に型から取り出し、チョコレート製レプリカが完成しました。
 これとは別に、エクザファイン(歯科用ゴム質弾性印象材)で、貝殻の型をとり、作った型にお湯で溶かした「お湯まる」を流し込んで、ピンクやブルーのカラフルなレプリカを作成しました。
 アンモナイトや土偶の形・文様が綺麗に写し取られた、自作のチョコレートレプリカを見て、子供たちも歓声をあげていました。良いバレンタインの思い出になったのではないかと思います。
まず館長から化石について解説。
温めたチョコレートを食品用シリコンに流し込みます。

冷蔵庫で30分冷やして、遮光器土偶のチョコレートレプリカが完成!
総合博物館アシカルも見学


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。