2011年1月22日土曜日

第30回島根大学ミュージアム市民講座「弥生・古墳時代の地域と集団-出雲地域を中心に-」開催

 1月22日(土)、島根大学ミュージアム市民講座「弥生・古墳時代の地域と集団-出雲地域を中心に-」を開催しました。今回で30回目の講座になります。 

 この日は、古代出雲シリーズの第3弾として、岩本崇先生(島根大学法文学部准教授・島根大ミュージアム兼任研究員)から、弥生時代~古墳時代前期の出雲の地域集団についてお話をいただきました。 

 出雲地域につくられた弥生墳墓や古墳などの状況から、どのように地域集団や社会をとらえることができるのかという内容でした。物言わぬ考古資料からこうした分析をおこなうのは大変難しいことです。 

 岩本先生は、「まだまだ、やらなければならない課題が山積している・・・。」ともおっしゃっていました。 

 次回は、2/5(土)です。ご期待ください。≫http://sumuseum.blogspot.com/2011/01/31.html



0 件のコメント:

コメントを投稿