2019年7月26日金曜日

【発掘物語2019夏(その4)】灼熱地獄

 今週から北区の調査にはいりました。
 現在、第1層をほぼ掘り終え、古墳時代後期から奈良時代頃の堆積と思われる第2層の掘り下げを行っています。7世紀初め頃の須恵器などが出土しています。
 作業員さんや業者さん、調査補助員のおかげで作業は順調に進んでいます。
 昨日の中国地方では、「梅雨明けしたと思われる」という発表がありました。本日の松江の最高気温は34.6℃だったようです。
 トレンチの中は、灼熱蒸し風呂地獄でした。時折通り抜ける風がやけに救いでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。