2019年7月9日火曜日

【発掘物語2019夏(その3)】ピートサンプリング

 5月から行っている松江キャンパス内の発掘調査現場では、縄文時代にたまった古宍道湾の堆積物が検出されています。
 本日は、入月館長や研究室の学生、河口域・汽水域を研究するエスチュアリー研究センターの先生方に、堆積物のサンプリングを行っていただきました。
 これから、泥の中に含まれているプランクトンなどを分析してもらい、当時の古環境の復元研究を進めてもらう予定です。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。