令和元年度 島根大学総合博物館アシカル企画展II「東アジアと出雲」【2/26-4/11】

日本海を挟んで一衣帯水の関係にある出雲と韓半島・中国大陸。
先史・古代から、海を越えて様々な人・モノ・情報が往来してきました。
この企画展では、出雲や韓国などの考古資料を中心に、先史時代以来のこうしたグローバルな交流についてみていきます。

主  催:島根大学総合博物館アシカル
共  催:島根大学古代出雲プロジェクトセンター
会  期:2020.2.26(水)~4.11(土)
     ※新型コロナウィルス対策のため、4/3(金)までの展示とさせていただきます。
開館日時:平日・土曜日 10:00-17:00
休  館  日:日曜日・祝日・臨時休館日(3/12(木):入試のため)
会  場:島根大学総合博物館アシカル展示室
     (松江市西川津町1060・島根大学生物資源科学部3号館1F)
※入館無料
主な展示品
 ・イギリス海軍編纂「日本・朝鮮図」1863年:島根大学附属図書館所蔵
 ・西川津式(轟B式系)縄文土器(松江市島根大学構内遺跡
 ・孔列文土器(松江市タテチョウ遺跡):島根県教育委員会所蔵
 ・無文土器(出雲市矢野遺跡):出雲市所蔵
 ・無文土器(韓国)
 ・漢式土器:島根大学考古学研究室所蔵
 ・袋状鉄斧(出雲市杉沢II遺跡):出雲市所蔵
 ・後漢鏡(出雲市白枝荒神遺跡):出雲市所蔵
 ・貨泉
 ・瓦質土器(松江市タテチョウ遺跡):島根県教育委員会所蔵
 ・陶質土器(出雲市上長浜貝塚):出雲市所蔵
 ・陶質土器(韓国)
 ・瓦(松江市山代郷南新造院跡):島根大学考古学研究室所蔵
 ・朝鮮陶磁器・中国陶磁器・宋銭ほか
展示の様子
※関連記事
 ・弥生時代の鉄器(2020.3.21)
 ・弥生時代の鏡(2020.3.23)
 ・朝鮮半島からもたらされた土器(2020.3.24)

コメント