2014年12月20日土曜日

第2回島根大学ミュージアム特別講座in大阪を開催しました。

 12/20(土)、大阪梅田から歩いて20分程の島根ビルを会場にして、第2回島根大学ミュージアム特別講座in大阪を開催しました。

 今回は、古墳時代に関する2本の講義でした。

 まず1本目は、島根大学法文学部の岩本崇先生から、「古墳時代銅鏡の授受からみた倭王権と出雲・伯耆」というテーマでお話をしていただきました。古墳時代前期(3世紀後半から4世紀頃)、畿内王権から列島各地に、「三角縁神獣鏡」という縁の断面が三角形の鏡が配布されます。一般に、これは、畿内王権の政治的な勢力範囲の広がりを示す現象であると捉えられています。三角縁神獣鏡は、出雲や伯耆など、山陰地域の古墳からも出土することから、その背景として畿内王権との政治的関係が想定されています。しかし、一方で、山陰地域の前期古墳は、方墳や前方後方墳が多く、畿内にみられるような前方後円墳とは異なった独自性を示していることが特徴のようです。

 つづいて2本目は、島根県教育委員会の角田徳幸先生から、「横穴式石室にみる古墳時代後期の地域関係~九州・山陰・近畿」というテーマでお話をしていただきました。特に古墳時代後期(6世紀頃)になると、古墳の墳丘の中に横穴式の出入口をもつ横穴式石室が作られるようになります。横穴式石室の形態は地域によって特色があり、出雲地域では、肥後の石室と類似したタイプが流行します。当時、出雲と肥後との間に、何らかの地域間交流があったようです。

 古墳時代というと、畿内王権を中央として、一元的に古墳文化が波及したように捉えられがちですが、以上の2本の講演からは、地域の独自性や畿内以外の諸地域同士の交流が多くみられることが分かります。このことは、当時の古墳文化のすべてが、必ずしも畿内を中心として、他地域を周辺とするような構造ではなかったことを物語っているのではないでしょうか。

 考古学の本場、近畿だけあり、参加者の皆様には、熱心に聴講いただきました。ありがとうございました。
会場(島根ビル)


塩飽理事からの御挨拶

岩本崇先生の御講演

角田徳幸先生の御講演

冬休み子供ミュージアム体験教室「LEDを使ってクリスマス・イルミネーションを作ろう!」を開催!

 本日午前中、冬休み子供ミュージアム体験教室「LEDを使ってクリスマス・イルミネーションを作ろう!」を開催しました。
 今回は、島根大学総合理工学研究科パワーエレクトロニクス研究室(山本真義研究室)と共催で、LEDを使った電子工作と電気自動車の体験試乗を行いました。
 企画や運営などの大半は、研究室の学生がやってくださいました。学生たちの行動力に脱帽です。ありがとうございました。
 参加した子供たちも満足度の高い体験教室になったのではなかと思います。
入月館長から御挨拶

講師の山本真義准教授から御挨拶

研究室が開発した電気自動車について学生が説明

憧れのまなざしで熱心に見学する子供たち

実験機具が並ぶ憧れの研究室内部も見学。

今話題のLEDについて解説する研究室の学生

LEDを使った電子工作に挑戦

熱心に取り組む子供たち

自分だけの手作りイルミネーションが完成!

2014年12月18日木曜日

ウマ年も残りわずかです。

ウマ年も残りわずかになりました。
あっという間の1年でした。
ミュージアムには、ウマに関する資料が展示してあります。せっかくですのでご紹介します。

オキウマ
隠岐島にいたが、昭和20年代に絶滅。
島根大学所蔵のものが唯一の骨格標本。

2014年12月17日水曜日

出雲市大社町遥堪コミュニティセンターの皆様がキャンパスツアーに参加

本日、出雲市大社町遥堪コミュニティセンターの32名の皆様がキャンパスツアーに参加されました。

あいにくの荒れた天候のなかでしたが、皆様、熱心にキャンパス内をご見学いただき、案内のし甲斐がありました。どうもありがとうございました。


ミュージアム本館

山陰地域資料展示室

附属図書館展示室

2014年12月6日土曜日

第74回島根大学ミュージアム市民講座「弥生時代の玉・鉄の流通」を開催しました。

 本日午後は、第74回島根大学ミュージアム市民講座「弥生時代の玉・鉄の流通」を開催しました。この講座は、平成26年度島根大学ミュージアム市民講座第3ステージ「出雲における文化交流の歴史」の第1弾になります。

 今回は、当館の会下和宏准教授(島根大学ミュージアム副館長)が、弥生時代の列島各地でみられる玉類や鉄器の流通の様相について講演しました。

 まず前半は、玉類の流通についての話でした。弥生時代の玉類の種類には、主に管玉(碧玉製・鉄石英製・ガラス製)、勾玉(翡翠製・ガラス製)、ガラス製小玉などがあり、首飾りなどのアクセサリーとして使用されました。

 これらのうち、碧玉の産地は、日本列島の各地で想定されていますが、翡翠の産地は、北陸の姫川流域などに絞られるようです。九州北部から関東にかけてみられる翡翠製勾玉の素材は、この地域から一元的に流通したとみる説が有力です。一方、ガラス製玉類は、材料が日本列島の外部からもたらされ、製品は九州から関東まで分布しています。

 以上のように、素材の原産地から遠く離れた場所から、多くの玉類が出土することは、玉類のような奢侈品の場合は、主に消費地の需要に喚起されて、素材や製品が流通したと考えられます。

 後半は鉄器の流通についての解説でした。日本列島から出土する弥生時代の鉄は、主に朝鮮半島南東部からもたらされたと考えられています。半島に近い九州北部では早くから潤沢に鉄器が供給されたのに対して、山陰地域などの本州では、弥生中期後半頃から流通し始め、後期後葉頃に増加していきます。山陰では、原産地から離れていたために、地域のリーダーが舟による鉄の運搬や再分配を管理し、それが首長権を伸長させ、地域が統合されていくことにつながったのではないかと述べました。

 また、朝鮮半島や中国からもたらされた鉄剣や鉄刀のような威信を示す貴重な大型鉄器は、九州北部だけでなく、遠く離れた山陰、北陸、東日本でも多く分布しています。これは、首長層が、自身の身分や権威を誇示するための需要によって、流通したもののようです。

 なお、弥生時代に続く古墳時代になると、「三角縁神獣鏡」が列島各地に分布します。これはヤマト王権が配布したものと考えられています。これも貴重な鏡を流通させることによって、社会が統合されることの一例であるようです。以上のように、文物の流通は、社会の統合を考えていくうえでも重要な要素であると述べられ、講演のまとめとなりました。

 次回、平成27年1月31日(土)は、「横穴式石室にみる古墳時代後期の地域関係~九州・山陰・近畿」です。ご期待ください。

2014年12月5日金曜日

教養科目授業で大学ミュージアムを見学

ミュージアムが開講している本日の教養科目「島大ミュージアム学」では、200名の受講者に大学ミュージアムの展示室を見学してもらいました。

本学が所蔵する明治時代の標本や島大生が発掘した化石、考古資料など、大学の学問の歴史を示す貴重な展示物を見学してもらい、母校の永い伝統について感じとってもらいました。


2014年12月4日木曜日

発掘調査(その4)

師走に入り、大学全体、世の中全体が慌ただしいこの頃です。
大学ミュージアムも発掘、授業、公開講座・子供教室の準備を怒涛のように行って、目が回る忙しさです。

発掘調査のほうは、暴風や冷たい雨にも負けず、根性と忍耐で格闘しています。


7000年前頃の杭か

大型の石のオモリ

平成26年度冬休み子供ミュージアム体験教室「LEDを使ってクリスマス・イルミネーションを作ろう!」

平成26年度島根大学ミュージアム 冬休み・子どもミュージアム体験教室
LEDを使ってクリスマス・イルミネーションを作ろう!

“発光ダイオード(LED)”をごぞんじですか?
LEDはいままでの蛍光灯などの照明とくらべて、消費電力が少なく寿命が長いことから、新しい照明として期待されているものです。
そんなLEDを使って、誰でもできるクリスマスツリーの飾りを作ってみませんか?
工作を楽しみながらいっしょにLEDについて学習しましょう!
島根大学が作った電気自動車の展示と試乗会も同時に開催します♪
(電気自動車は雨天の場合は展示のみです)

主催:島根大学ミュージアム島根大学パワーエレクトロニクス研究室
後援:松江市教育委員会
日時:2014年12月20日(土) 10:00~11:30
会場:島根大学 学生市民交流ハウス「FLATフラット」
講師:山本真義 博士(総合理工学研究科機械・電気電子工学領域 准教授)
対象:小学3年生~6年生の親子 10組
参加費:無料
申込み方法:
郵便番号・住所・参加者氏名(子ども&大人)・学年・電話番号を明記の上、下記電子メールへお申し込み下さい。
museum@riko.shimane-u.ac.jp
*お申込みの際には、上記の電子メールアドレスが受信できる設定にして下さい
*応募多数の場合は抽選になります
【申込締切】 平成26年12月15日(月)

お問合せ先:
島根大学ミュージアム(担当:田中)
松江市西川津町1060
TEL 0852-32-6496

2014年12月1日月曜日

松江キャンパスの一角で発掘調査中(その3)

 今日から師走です。昨日に比べて少し寒くなりましたが、明日は一段と寒くなるようです。
 調査のほうは終盤で、現在、縄文前期頃の水辺にたまった泥を掘り下げています。石錘(石のオモリ)や焦げた材、自然木(流木)などがたくさん見つかっています。
 位置と標高を記録して、ひとつひとつ取り上げていきます。
石錘

焦げ目のある材

焦げた材
◆その4へ≫

【本日の団体見学】法文学部社会文化学科1回生の学生

本日は、法文学部社会文化学科1回生の学生20名が授業の一環で、ミュージアム本館を見学されました。