2016年12月28日水曜日

本年もありがとうございました。

島根大学ミュージアムは、本日が今年最後の開館日でした。
今年もたくさんのお客様にご来館いただき、まことにありがとうございました。
来年も島根大学ミュージアムを何卒よろしくお願いいたします。

【年末年始休館日のお知らせ】
 休館日:12月29日(木)~1月3日(火)

今年もありがとうございました。
サル骨格標本

山陰ケーブルビジョン・マーブル「松江を愛した外国人教師 フリッツ・カルシュ」のご案内

 山陰ケーブルビジョン・マーブル「松江を愛した外国人教師 フリッツ・カルシュが、下記の予定で放送されますので、ご案内いたします。
 カルシュ博士が戦前に暮らした島根大学旧奥谷宿舎(旧制松江高校外国人宿舎)も登場します。

◆マーブルHPから
ドイツ人教師フリッツ・カルシュは大正14年から14年間にわたり、旧制松江高等学校で教育に力を注ぎました。
当時、カルシュの人徳に感化された生徒は多く、「長崎の鐘」で知られる永井隆をはじめ、各界で活躍する多くの人材を育てました。余暇には松江やその周辺に出かけ、1500枚にもおよぶ写真を残しました。そこには当時の貴重な松江の姿が写し出されています。
カルシュを研究する東京医科歯科大学名誉教授若松秀俊氏が写真に写された出雲の原風景を訪ね、カルシュはそこで何を見て何を感じたのかお話しいただきます。またカルシュゆかりの人達のインタビューも交え当時を振り返ります。

≪放送時間≫
1月1日    11:00 16:30 22:00
1月2日    8:30 11:30 14:30 17:30 20:30 23:30
1月3日    25:30
1月4日    12:00 17:30

2016年12月27日火曜日

年末年始の開館・休館予定につきまして

 島根大学ミュージアム本館、島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)の年末年始の開館・休館予定は下記の通りでございます。

島根大学ミュージアム本館
休館日:2016年12月29日(木)~2017年1月3日(火)
開館日:2017年1月4日(水)から、平常通り、平日のみ開館(9:00~16:30)。

島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)
開館日:2017年1月7日(土)から、平常通り、土日祝日のみ開館(10:00~17:00)。





2016年12月26日月曜日

第93回島根大学ミュージアム市民講座「古代の道とゆきかう人々」(兼:まつえ市民大学連携講座)のご案内【1/8】

 平成28年度島根大学ミュージアム市民講座第2ステージ「"古代出雲"の交通ネットワークを探る」(兼:まつえ市民大学連携講座)の第3回です。この講座シリーズでは、「古代出雲」の交通手段や経路、それらによって結ばれた拠点を具体的に明らかにし、交通ネットワークの歴史的な意義について考えていきます。
 今回は、杉沢遺跡(出雲市斐川町直江)、魚見塚遺跡(松江市朝酌町)など、近年、各地で発見されている古代の道路跡についての話です。古代の出雲が、「どこ」の「だれ」と交流していたのか、最新の研究結果をご紹介いたします。
 どなたでもご予約なしで聴講できます。多くの方々のご参加をお待ちしております。

主催 島根大学 研究・学術情報機構 ミュージアム・島根大学古代出雲プロジェクトセンター・島根大学法文学部山陰研究センター「『出雲国風土記』の学際的研究」プロジェクト
共催 まつえ市民大学
対象 市民一般・高校生
講師 大日方克己(島根大学法文学部教授)
日時 平成29年1月8日(日) 13:00~14:30
場所 松江スティックビル (松江市白潟本町43番地) 松江市市民活動センター 201・202研修室
その他 
 ・参加費無料
 ・申込み不要
 ・受講者は、スティックビル駐車場料金が1日¥200に割引になります。

2016年12月20日火曜日

教養授業「島大ミュージアム学」でミュージアム展示室を見学

 本日の教養授業「島大ミュージアム学」では、ミュージアム本館展示室山陰地域資料展示室を受講生たちに見学してもらいました。

 これまでの授業では、スライドで写真を見せるだけでしたが、実際に実物を学生自身に見学してもらうことによって、大きさや形、印象などを理解し、感じてもらうことができたと思います。

 学生たちは、ワクワクした表情で、展示物を観察しながら、友人と感想を述べあっていました。そうしたコミュニケーションのなかで生まれる偶発的学習、実物を観察するという直接的経験、知的好奇心の刺激が、博物館ならではの「学び」であるということを理解してもらいました。

2016年12月16日金曜日

教養授業「島大ミュージアム学」で中村唯史先生がご出講

教養授業「島大ミュージアム学」では、県内のミュージアム活動に携わっておられる方にも講義をお願いしています。
本日は、三瓶自然館の中村唯史先生に三瓶山の自然や人の利用について、講義をしていただきました。

2016年12月11日日曜日

しまね大交流会に出展

島根大学主催の「しまね大交流会2016」が松江市くにびきメッセで開催され、島根大学ミュージアムも出展しました。
たくさんの来場者の皆さまにミュージアムの紹介をさせていただくことができました。

2016年12月3日土曜日

第3回島根大学ミュージアム特別講座in広島 part2「考古学からみた先史・古代の出雲と朝鮮半島」を開催しました。

 広島市まちづくり市民交流プラザ(広島市中区)にて、第3回島根大学ミュージアム特別講座in広島Part2「考古学からみた先史・古代の出雲と朝鮮半島」を開催しました。

 この講座は、平成25年度に島根大学ミュージアム特別講座in広島「出雲文化へのいざない」を開催した際、大変好評で、再度の開催要望が多く寄せられたことから、パート2として企画したものです。

 今回の講師は、平郡達哉先生(島根大学法文学部准教授)が務められ、縄文時代から古墳時代までの出雲と朝鮮半島との文物交流について解説されました。

 近年の調査の進展によって、出雲では、朝鮮半島系の土器が多く出土しています。また、朝鮮半島でも山陰系の土器が出土しているようです。こうした考古学的な証拠を積み上げていくことで、海を隔てた両地域の交流がどのようなものだったかを解明していけることが期待されています。

 今回も満席で、広島の皆さまに熱心に聴講していただくことができました。ありがとうございました。

2016年12月2日金曜日

教養授業「島大ミュージアム学」で角田徳幸先生がご出講

 本日の教養授業「島大ミュージアム学」では、「たたら製鉄」研究の第一人者である県立古代出雲歴史博物館の角田徳幸先生にご出講いただきました。

 島根県で今も続く「たたら製鉄」は、全国的に有名な貴重な文化資源です。今回は、考古学の成果からみた「たたら製鉄」の内容や歴史について、講義をしていただきました。