2018年12月28日金曜日

平成最後の仕事納めご挨拶

 本日は、島根大学総合博物館本館の今年最後の開館日でした。
 平成30(2018)年は、島根大学総合博物館の開館など、激動の1年間でした。
 おかげ様で皆様に支えられ、入館者数も1万人を超え、様々な博物館活動を行うことができました。まことにありがとうございました。

新博物館への移転作業(その1) (2018.4.13)
 新年は、本館が1月4日(金)から、島根大学旧奥谷宿舎(総合博物館分館)が1月5日(土)から開館いたします。来年も島根大学総合博物館を何卒よろしくお願いいたします。
 皆様、良いお年をお迎えくださいませ。
http://museum-database.shimane-u.ac.jp/specimen/metadata/7300
イヌ骨格標本
【年末年始の休館日】
2018.12.29(土)~2019.1.3(木)

松江市立図書館でのジオパークの展示

 本日は、松江市立図書館で島根半島・宍道湖中海ジオパークミニ展示の準備に協力しました。
 当館から化石や考古資料などを展示させていただきました。
 1月25日までの展示になります。

2018年12月25日火曜日

展示資料にQRコードを付けました。

 パレオパラドキシア、オキウマ、ニホンアシカにQRコードを付けました。
 スマホのカメラで取り込めば、島根大学標本資料データベースの詳細な解説にとぶようになっています。
 これから徐々に他の展示物にも付けていきたいと思います。

【本日の団体客】児童クラブの皆様

今年最後の団体見学は児童クラブの皆様でした。
年内は、28日(金)まで開館しております。冬休みは、ぜひ当館までご来館ください。

2018年12月24日月曜日

クリスマスイブ

クリスマスイブも島根大学旧奥谷宿舎は開館しております。
ご来館をお待ちしております。

2018年12月21日金曜日

年末年始の開館・休館のお知らせ

島根大学総合博物館本館島根大学旧奥谷宿舎(総合博物館分館)の年末年始の開館・休館は、下記のカレンダーの通りです。どうぞよろしくお願い致します。

水槽展示紹介 -スジエビ-

スジエビ Palaemon paucidens

テナガエビ科
 日本とその周辺地域に分布する淡水性のエビ。体がほぼ透明。水生昆虫や他の小型甲殻類、貝類ミミズなど様々な小動物を捕食する。

ギンブナ
ムギツク

2018年12月20日木曜日

冬の子供ミュージアム体験教室「チョコレートで化石のレプリカを作ろう!」

ホンモノの化石をもとに、チョコレートなどでレプリカを作ります!
大学博物館の展示を見て、
化石博士からお話もきける、おいしい体験教室です!

後 援:松江市教育委員会 
日 時:2019年2月2日(土)  10:00~12:00
場 所島根大学総合博物館(松江市西川津町1060)
講 師:入月俊明 博士(島根大学総合博物館館長・学術研究院環境システム科学系教授)
対 象:小学4~6年生と保護者20組
参加費:1人100円(保険代など実費分) ※材料のチョコレートをご持参ください。

お申込み方法(締切り2019年1月21日(月))
➡締切りました。

2018年12月15日土曜日

「しまね大交流会」に出展

本日は、くにびきメッセで「しまね大交流会」があり、島根大学総合博物館も出展しました。
今年は高校生が多く参加していたようです。ぜひ、当館に足を運んでもらえればと思います。

2018年12月12日水曜日

島大キャンパスから出土した日本と世界の陶磁器を展示しています。

島大キャンパスからは日本や世界各地で作られた陶磁器が出土しています。
12~16世紀の中国・景徳鎮、14~15世紀の中国・龍泉窯、16世紀の朝鮮陶磁器、16世紀の瀬戸、唐津、15~16世紀の備前など、バラエティ豊かです。
島根大学の住所は西川津町。近くを流れる朝酌川に津(港)があったと考えられています。中世には舟でこうした陶磁器がこの地に運ばれてきたことがうかがえるのです。

2018年12月10日月曜日

【本日の団体見学】法文学部授業で展示室見学

 本日は、法文学部歴史と考古コースの授業で博物館見学がありました。
 考古資料や絵図などを中心に熱心に見学してくれました。また何度も足を運んでもらえればと思います。

2018年12月6日木曜日

【島根大学の偉人7】ハンス・シュワァルベ博士

ハンス・シュワァルベ博士
Dr. Hans Schwalbe, 1910-1998

・~1939年 ベルリンでゲルマン文化、芸術史、哲学、新聞学を学び、ハンブルク、キーンで新聞の編集職。
・1961(昭和36)年~1975(昭和50)年 東京で駐日ドイツ大使館報道官
・1975(昭和50)年 日本とドイツの文化交流に顕著な貢献をされたことが認められて、勲三等旭日中綬章を受賞。
・帰国後 独日協会事務局長。

松江にて(フリーデリケ・シュワァルベ氏寄贈)

2018年12月4日火曜日

アンコール展示「旧制松江高校出身の異才編集者 花森安治と田所太郎」

 本館展示室では、「島根大学のこれまでとこれから」のコーナーでアンコール展示「旧制松江高校出身の異才編集者 花森安治と田所太郎」を始めています。
 また、島根大学の研究紹介として、「島根大学古代出雲プロジェクトセンター」の紹介展示をしています。