2018年12月12日水曜日

島大キャンパスから出土した日本と世界の陶磁器を展示しています。

島大キャンパスからは日本や世界各地で作られた陶磁器が出土しています。
12~16世紀の中国・景徳鎮、14~15世紀の中国・龍泉窯、16世紀の朝鮮陶磁器、16世紀の瀬戸、唐津、15~16世紀の備前など、バラエティ豊かです。
島根大学の住所は西川津町。近くを流れる朝酌川に津(港)があったと考えられています。中世には舟でこうした陶磁器がこの地に運ばれてきたことがうかがえるのです。

2018年12月10日月曜日

【本日の団体見学】法文学部授業で展示室見学

 本日は、法文学部歴史と考古コースの授業で博物館見学がありました。
 考古資料や絵図などを中心に熱心に見学してくれました。また何度も足を運んでもらえればと思います。

2018年12月6日木曜日

【島根大学の偉人7】ハンス・シュワァルベ博士

ハンス・シュワァルベ博士
Dr. Hans Schwalbe, 1910-1998

・~1939年 ベルリンでゲルマン文化、芸術史、哲学、新聞学を学び、ハンブルク、キーンで新聞の編集職。
・1961(昭和36)年~1975(昭和50)年 東京で駐日ドイツ大使館報道官
・1975(昭和50)年 日本とドイツの文化交流に顕著な貢献をされたことが認められて、勲三等旭日中綬章を受賞。
・帰国後 独日協会事務局長。

松江にて(フリーデリケ・シュワァルベ氏寄贈)

2018年12月4日火曜日

アンコール展示「旧制松江高校出身の異才編集者 花森安治と田所太郎」

 本館展示室では、「島根大学のこれまでとこれから」のコーナーでアンコール展示「旧制松江高校出身の異才編集者 花森安治と田所太郎」を始めています。
 また、島根大学の研究紹介として、「島根大学古代出雲プロジェクトセンター」の紹介展示をしています。