2019年11月30日土曜日

11月最後の開館日

本日は11月最後の開館日でした。天気も良く来館者も多かったです。早いもので明日から師走です。
今月の来館者数は、897人でした。もうすぐ開館以来のトータルが2万人になりそうです。
また、アシカル企画展「南極調査物語」 は本日で終了いたしました。期間中の来館者は、1,846人でした。たくさんのご来館ありがとうございました。

2019年11月29日金曜日

教養授業「地域博物館へのいざない」で中村唯史先生がご出講

 総合博物館が開講している教養授業「地域博物館へのいざない」では、本日、三瓶自然館の中村唯史先生が「「現地」を展示する~三瓶小豆原埋没林の取り組み~」という内容で講義されました。
 三瓶小豆原埋没林は、約4000年前の三瓶山の噴火で地下に埋もれた、日本最大級の埋没林です。2003年、現地の立木をそのまま保存し見学できるミュージアムが開設されました。
 しかし、これだけ大きな立木をそのままの形で保存し公開することは、様々な困難が伴います。特に、地下水や高湿度による結露がやっかいで、木の腐朽や劣化のリスクが心配されています。現在、こうした問題に対応するために、空調や地下水の管理など、様々な対応策がとられているそうです。
 私たちが4000年前の本物の埋没林を見学できるのも、関係者のこうした様々が尽力があることを知ることができました。現地に行くと大木のスケールに圧倒されます。ぜひ、ご見学をお薦めしたいと思います。

2019年11月21日木曜日

第115回 島根大学総合博物館アシカル講座「出雲国風土記と神門郡」のご案内【12/7】

今回は、神門郡にスポットを当てて、最新研究成果を講じていただきます。

主催:島根大学総合博物館アシカル島根大学法文学部山陰研究センター「『出雲国風土記』の学際的研究」プロジェクト・島根大学古代出雲プロジェクトセンター
共催:まつえ市民大学

講師:平石 充(島根県教育委員会・島根大学法文学部山陰研究センター客員研究員)
日時:令和元年12月7日(土) 13:00~14:30
その他:参加費無料・申込不要

2019年11月18日月曜日

出雲市斐川町・寿昌クラブの皆様がキャンパスツアーに参加

本日午前中は、出雲市斐川町の寿昌クラブ35名の皆様がキャンパスツアーに参加されました。
大学正門や校舎内、博物館、図書館などを見学し、最後に学食で昼食をとっていただきました。午後は、NHKなどに行かれるそうです。
熱心にご見学していただき、まことにありがとうございました。



2019年11月12日火曜日

本館臨時休館日のお知らせ【11/16】

11月16日(土)、本館展示室は、臨時休館させていただきます。ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。
なお、島根大学旧奥谷宿舎(総合博物館分館)のほうは、予定通り開館いたします。ただいま、「猫写真展【Happy?】まちねこ美術館 in 松江 2019」を開催しております。

2019年11月2日土曜日

生物資源科学部保護者会

本日は、生物資源科学部 の保護者会があり、朝からたくさんの皆様が同学部にいらっしゃっていました。総合博物館アシカルが入居する生物資源科学部3号館にも大勢の皆様にご来館いただきました。