2019年8月31日土曜日

8月最後の開館日

本日は、8月最後の開館日でした。
集中講義「博物館経営論」の受講生なども見学に来て、賑わいました。
今月の入館者数は1,067名でした。
夏の終わりは何だか切ないです。明日からは9月。秋も頑張っていきたいです。

2019年8月28日水曜日

【本日の団体客】中国寧夏訪日団の学生

本日は、中国寧夏訪日団の学生がご来館されました。
パレオパラドキシアやニホンアシカなど、熱心に見学してくれました。
本日はあいにくの雨模様、明日以降も雨が続きますが、日本を楽しんでもらえたらと思います。

第114回島根大学総合博物館アシカル講座「地図から読み解く石見の集落 ~ なぜ石見は過疎発祥の地となったのか ~」のご案内【9/7】

 令和元年度島根大学総合博物館アシカル講座第1ステージ「石見学III」まつえ市民大学連携講座)の最終回です。
 今回は、中山間地域研究の第一人者、作野広和先生(島根大学学術研究院教育学系教授・島根大学総合博物館兼任研究員)から、石見地域の集落について解説していただき、なぜこの地域で過疎化が進んでいるのかについて考えていきます。
 どなたでもご予約なしで聴講できます。多くの方々のご参加をお待ちしております。

主 催:島根大学総合博物館アシカル
共 催:まつえ市民大学
対 象:市民一般・高校生
講 師:作野広和(島根大学学術研究院教育学系教授・島根大学総合博物館兼任研究員)
日 時:令和元年9月7日(土) 13:00~14:30
会 場:島根大学大学教育センター・公開講座担当(旧 島根大学生涯教育推進センター)ICT演習室
(松江市西川津町1060 島根大学生物資源科学部3号館1階・総合博物館隣)
    ※アクセス≫
その他:
・参加費無料
・申込み不要
会場横にある島根大学総合博物館、開館中です! 

2019年8月27日火曜日

【発掘物語2019夏(その5)】発掘調査が予定通り終了しました。

5月から続けてきた発掘調査が終了しました。
本日は、学内の専門の先生方、島根県教育委員会、松江市教育委員会の皆様にお越しいただき、現地検討会を開催しました。
土壌サンプルを採取したり、動物の足跡やアカホヤ火山灰を確認したりなどの作業を行って、無事、すべての調査作業を予定通り終了することができました。
採取した縄文時代の土の中には様々な微化石が含まれています。これからそれらを分析することで環境考古学的に貴重な成果が得られることが期待されます。

暑かったけど、毎日ヘトヘト・ドロドロになるまで働き、有意義な調査ができた夏でした。
頑張っていただいた作業員さん、業者さんに改めて感謝申し上げます。

焦痕のある材(縄文時代)

縄文人が遺棄したと推定される礫

現地検討会の様子

【本日の団体見学】東大生の皆様

本日は、松江市に観光政策について研修に来ている東大生が、当館にも見学に来てくれました。
化石やニホンアシカ、城下町絵図など、いろいろと熱心に見学してくれました。
今後の研修に役立てば幸いです。

2019年8月24日土曜日

第113回島根大学総合博物館アシカル講座「海のたたら、川のたたら ~ 石見のたたら製鉄 ~」を開催しました。

 本日午後、第113回島根大学総合博物館アシカル講座「海のたたら、川のたたら ~ 石見のたたら製鉄 ~」を開催しました。この講座は、『石見学III』シリーズ(まつえ市民大学連携講座)の第3弾になります。
 今回は、たたら製鉄研究の第一人者、角田徳幸先生(島根県教育委員会・島根大学嘱託講師)から、石見地域に展開した海辺や川沿いに立地するたたら製鉄について解説していただきました。
 石見地域の日本海沿岸には、「海のたたら」と呼ばれるたたらが分布しています。これらは、長期間にわたって操業していたことが特徴です。大田市の海岸にある百済鈩(くだらたたら)は約190年間、静間村鈩(しずまむらたたら)は約180年間、宅野鈩(たくのたたら)は約110年間もの長期にわたって操業していたことが分かっています。
 また、江の川沿岸には、「川のたたら」と呼ばれるたたらが分布しています。江津市の桜谷鈩(さくらだにたたら)は約160年間、恵口鈩(えぐちたたら)は約120年間も操業しており、こちらも長期間にわたっています。
 出雲地域山間部のたたら製鉄では、数十年で操業場所を移動することが普通でしたが、石見地域にみられるこうしたたたら製鉄は、かなりの長期間にわたって同じ場所で操業されています。これはどうしてでしょうか?たたら製鉄では大量の砂鉄や木炭を使用します。しかし、こうした資源が枯渇してしまうと場所を変えざるをえません。これに対し、石見の「海のたたら」「川のたたら」では、近くには船着き場があり、船で砂鉄や木炭を運び込んだり、出来上がった鉄を搬出するのが容易にできたのです。
 石見地域では、主に「銑(ずく)」と呼ばれる、炭素量の多い鋳物に使用される鉄が生産されました。銑は安価なため、薄利多売の必要がありましたが、日本海や江の川沿岸に立地するこうしたたたらでは、船による輸送の利便性に優れていたため、採算性が維持できたようです。
 なお。本日の講演の内容は、『たたら製鉄の歴史(歴史文化ライブラリー)』(角田徳幸著)でも読むことができます。ご一読ください。

次回のアシカル講座は、「地図から読み解く石見の集落 ~ なぜ石見は過疎発祥の地となったのか ~」(9/7、13:00~14:30)です。引き続き、よろしくお願い致します。

2019年8月20日火曜日

島根大学教職員の児童がキャンパスツアーに参加

本日の午前中は、島根大学教職員のお子さんたちがキャンパスツアーに参加しました。
あいにくの雨模様の中でしたが、キャンパスの建物の中や総合博物館の展示室を楽しくまわってもらいました。
お父さん・お母さんが働く職場の様子を理解できた有意義なツアーになったのではないかと思います。

2019年8月16日金曜日

第113回島根大学総合博物館アシカル講座「海のたたら、川のたたら ~ 石見のたたら製鉄 ~」のご案内【8/24】

 令和元年度島根大学総合博物館アシカル講座第1ステージ「石見学III」まつえ市民大学連携講座)の第3弾です。
 今回は、たたら製鉄研究の第一人者、角田徳幸先生(島根県教育委員会・島根大学嘱託講師)から、石見地域に展開した海辺や川沿いに立地するたたら製鉄について分かりやすく解説していただきます。
 どなたでもご予約なしで聴講できます。多くの方々のご参加をお待ちしております。

主 催:島根大学総合博物館アシカル
共 催:まつえ市民大学
対 象:市民一般・高校生
講 師:角田徳幸(島根県教育委員会・島根大学嘱託講師)
日 時:令和元年8月24日(土) 13:00~14:30
会 場: 島根大学生涯教育推進センターICT演習室
(松江市西川津町1060 島根大学生物資源科学部3号館1階・総合博物館隣)
    ※アクセス≫
その他:
・参加費無料
・申込み不要
会場横にある島根大学総合博物館、開館中です! 

2019年8月9日金曜日

【本日の団体見学】児童クラブの皆様

夏休みもそろそろ折り返し地点です。
本日は、暑い中、児童クラブの皆様がご来館されました。水槽の魚を熱心に観察されていました。

2019年8月7日水曜日

夏休み子どもミュージアム体験教室「顕微鏡を使って池の水からゾウリムシを見つけよう!」を開催しました!

 夏休み真っただ中の本日、夏休み子どもミュージアム体験教室「顕微鏡を使って池の水からゾウリムシを見つけよう!」を開催しました。
 今回の教室は、石田秀樹先生(島根大学 学術研究院 農生命科学系 准教授)に講師を務めていただき、親子でゾウリムシの観察を行いました。
 まず、自分たちでキャンパスの池の水をくんで、シャーレに移し、虫メガネで観察してもらいました。よく観察すると、何か動くものが見えたようです。さらに、実体顕微鏡を覗き、これが水の中にいる色々なプランクトンであることを確認しました。
 次に、パスツールピペットや光学顕微鏡の操作について学び、ゾウリムシがいる水をスライドガラスにたらして、より拡大して観察してもらいました。ゾウリムシがエサを食べる様子をより詳細に観察することができたようです。
 子供たちは保護者の方や石田先生、ティーチングアシスタントの学生などの助けを借りながら、一生懸命、ゾウリムシを自分の眼で観察し、スケッチしていました。身近な池の中にいるミクロの生物の不思議について体感できた夏休みの体験教室となりました。今回の体験教室をきっかけに、将来、島根大学で生物学の研究を深めようと思う児童がいてくれたら幸いです。
まず総合博物館の展示を見て知的好奇心を高めます。

生物観察や観察器具の基本についてレクチャーを受ける参加者

親子で協力して観察している様子

2019年8月5日月曜日

お盆の島根大学総合博物館アシカル(本館)、島根大学旧奥谷宿舎(分館)開館日について

 お盆の週島根大学総合博物館アシカル(本館)島根大学旧奥谷宿舎(分館)の開館日・休館日は下記の通りです。皆様のご来館をお待ちしております。

【休館日】
8月11日(日)~8月15日(木)(8/13~8/15特別休館日)
8月18日(日)
【開館日】
8月16日(金) 10:00~17:00
8月17日(土) 10:00~17:00


【開館日】
8月10日(土)~8月12日(月祝) 10:00~17:00
8月17日(土)~8月18日(日)  10:00~17:00

2019年8月2日金曜日

島根大学オープンキャンパス企画「展示クイズに答えて島大グッズをゲットしよう!」を開催しました!

 昨日と本日は、島根大学オープンキャンパスがあり、総合博物館では、「展示クイズに答えて島大グッズをゲットしよう!」を開催しました。昨日は196名、本日は202名の見学があり、たくさんの高校生や保護者の皆様に島根大学の教育研究で収集された展示物をご見学いただくことができました。
 また、昼休みは学生によるキャンパスツアーも開催され、総合博物館もご見学いただきました。
 大変な猛暑のなかでしたが、たくさんの皆様にご来館いただき、どうもありがとうございました。
学生主催のキャンパスツアー



展示クイズにチャレンジ!