2019年7月20日土曜日

第112回アシカル講座 「江戸時代『石見国絵図』を読み解く」を開催しました。


 本日午後、第112回アシカル講座 「江戸時代『石見国絵図』を読み解く」を開催しました。この講座は、『石見学III』シリーズ(まつえ市民大学連携講座)の第2弾になります。
 今回は、当館の会下和宏副館長が講師を務め、毛利時代や江戸時代の石見国絵図について解説しました。
 まず、毛利時代や江戸時代前半までの石見の絵図では、海岸線が実際よりも南側に曲がっていること、江の川や高津川が大きく描かれていること、石見銀山の鉱山都市の家並みが詳細に描かれていることなどの説明がありました。
 また、柵列に囲まれた石見銀山を中心に街道が伸びており、江戸時代にはたくさんの番所が設けられているなど、幕府による銀山管理の厳格さがうかがわれるとのことでした。また、毛利時代の絵図に描かれた山城は、石見銀山以外にも点在する鉱山や主要街道沿いに立地しており、戦略的に重要な場所であることなどの解説がありました。
 講座のあと、参加者からは、「絵図に盛り込まれた様々な情報は幕府の指示によるものか?」「国絵図以外にも個別の村の絵図もあるのか?」など、活発な質問がなされました。
 次回は、8/24、石見のたたら製鉄のお話です。引き続きよろしくお願い致します。

2019年7月19日金曜日

「博物館実習」で掛け軸の取り扱いを練習

 本日の学芸員資格取得のための授業「博物館実習Ⅰ」では、掛け軸の取り扱いを練習しました。
 皆さん、慎重に掛け軸を開いたり巻いたりしていました。最後に巻緒を結ぶところが苦労しているようでした。

2019年7月16日火曜日

第112回島根大学総合博物館アシカル講座「江戸時代『石見国絵図』を読み解く」のご案内【7/20】

 令和元年度島根大学総合博物館アシカル講座第1ステージ「石見学III」まつえ市民大学連携講座)の第2弾です。
 今回は、江戸時代に作られた「石見国絵図」を見ながら、現在の集落や山・川・街道などと対比させて、石見地域の地理について分かりやすく解説していきます。
 どなたでもご予約なしで聴講できます。多くの方々のご参加をお待ちしております。

主 催:島根大学総合博物館アシカル
共 催:まつえ市民大学
対 象:市民一般・高校生
講 師:会下和宏(島根大学総合博物館副館長・島根大学学術研究院人文社会科学系教授)
日 時:令和元年7月20日(土) 13:00~14:30
会 場: 島根大学生涯教育推進センターICT演習室
(松江市西川津町1060 島根大学生物資源科学部3号館1階・総合博物館隣)
    ※アクセス≫
その他:
・参加費無料
・申込み不要
会場横にある島根大学総合博物館、開館中です! ⇒ 絵図の展示もあります!

2019年7月12日金曜日

【本日の団体見学】サマースクール2019留学生の皆様

 本日は、島根大学サマースクール2019で本学に留学している学生が団体見学にいらっしゃいました。
 本日も通訳の人に助けられました・・・
 キャプションにはすべて英語をつけていますが、英語解説文もこれから充実させていきたいと思います。

2019年7月9日火曜日

【発掘物語2019夏(その3)】ピートサンプリング

 5月から行っている松江キャンパス内の発掘調査現場では、縄文時代にたまった古宍道湾の堆積物が検出されています。
 本日は、入月館長や研究室の学生、河口域・汽水域を研究するエスチュアリー研究センターの先生方に、堆積物のサンプリングを行っていただきました。
 これから、泥の中に含まれているプランクトンなどを分析してもらい、当時の古環境の復元研究を進めてもらう予定です。


2019年7月6日土曜日

第111回島根大学総合博物館アシカル講座「石見の地質と化石」を開催しました。

 本日午後、第111回島根大学総合博物館アシカル講座「石見の地質と化石」を開催しました。
 この講座は、令和元年度島根大学総合博物館アシカル講座第1ステージ「石見学III」まつえ市民大学連携講座)の初回です。また、令和最初の島根大学総合博物館アシカル講座となります。
 今回は、当館の入月俊明館長(島根大学学術研究院環境システム科学系教授)が講師を務め、石見地域の地形・岩石・鉱物・化石などについて解説しました。
 最初に石見地域の地質は、出雲地域に比べて、古生代や中生代の地層などが複雑に分布している点について説明がありました。つづいて、最近、津和野町で発見された約25億年前の日本最古の岩石「花崗片麻岩」の成り立ちについて解説されました。
 また、石見西部では、約2億5000万年以上前の県内最古の放散虫(プランクトン)の化石、約1億4500万年以上前のアンモナイトの化石など、古い時代の化石が出土するようです。
 また、石見中部の国天然記念物・畳ヶ浦では、貝やクジラ、エイの捕食痕など、約1600万年前の様々な化石が数多く検出されています。貝の様相からは、当時、この地域が熱帯だったことが想定されるようです。
 講座の終了後、参加した皆様は、入月館長が持参した岩石・化石標本や常設展示室の関連資料を見学し、熱心に質問されていました。


次回は、「江戸時代『石見国絵図』を読み解く」(7/20)です。引き続きよろしくお願い致します。

2019年7月4日木曜日

第111回島根大学総合博物館アシカル講座「石見の地質と化石」のご案内【7/6】

 令和元年度島根大学総合博物館アシカル講座第1ステージ「石見学III」まつえ市民大学連携講座)の初回です。令和最初の島根大学総合博物館アシカル講座となります。
 石見地域には、学術的に貴重な様々な岩石・鉱物・化石などが分布しています。今回はこうした石見の地質や化石について分かりやすく解説していただきます。最近、津和野町で見つかった日本最古の岩石や浜田や吉賀の化石などのお話もあります。
 どなたでもご予約なしで聴講できます。多くの方々のご参加をお待ちしております。

主 催:島根大学総合博物館アシカル
共 催:まつえ市民大学
対 象:市民一般・高校生
講 師:入月俊明(島根大学総合博物館館長・島根大学学術研究院環境システム科学系教授)
日 時:令和元年7月6日(土) 13:00~14:30
会 場: 島根大学生涯教育推進センターICT演習室
(松江市西川津町1060 島根大学生物資源科学部3号館1階・総合博物館隣)
    ※アクセス≫
その他:
・参加費無料
・申込み不要
会場横にある島根大学総合博物館、開館中です! ⇒ 化石の展示も充実しています!

2019年6月27日木曜日

夏休み子どもミュージアム体験教室「顕微鏡を使って池の水からゾウリムシを見つけよう!」のご案内【8/7】

島根大キャンパスの池の水を顕微鏡でのぞき、ゾウリムシを見つけます。
簡単な実験をおこなって、ゾウリムシの泳ぎ方、エサの取り方を観察します!

主 催:島根大学総合博物館アシカル
日 時:2019年8月7日(水)  13:00~15:00
場 所:島根大学総合博物館アシカル(松江市西川津町1060)
講 師:石田秀樹 博士(島根大学 学術研究院 農生命科学系 准教授)
対 象:小学4~6年生と保護者10組
参加費:1人50円(保険代)

お申込み方法(締切り2019/7/25(木)、抽選にて決定いたします)
 申込みフォームから ≫https://www.leaf2.shimane-u.ac.jp/enquete/no/museum
 
※記載していただいた個人情報は、今回の体験教室以外には使用いたしません。

2019年6月26日水曜日

博物館見学実習でモニュメントミュージアム来待ストーンを見学

 本日は、学芸員養成課程の実習でモニュメントミュージアム来待ストーンを見学させていただきました。
 学芸員の方から、館の経営形態、企画展の実際、映像展示などについて丁寧に解説していただきました。学生たちは、学芸員の仕事の中身についてイメージできたのではないかと思います。
来待石の石切り場がミュージアムになった素敵な空間です。

 モニュメントミュージアム来待ストーンでは、7/11から、夏季特別企画展「いし。イシ?石!! ー世界と日本の岩石・鉱物・化石ー」が始まる予定です。当館からも化石をお貸しする予定です。

2019年6月24日月曜日

発掘物語2019夏(その2)

毎日暑い日が続いています。
松江キャンパスの発掘調査のほうは、縄文時代晩期頃の砂洲の掘り下げが終わり、現在、古宍道湾の入り江の水成堆積物の掘り下げを行っています。
作業員さんたちはとても頑張って作業してくれていますが、熱中症などにならないように、こまめに休憩や水分補給をしてもらっています。
遮光シートを張って日陰を作り、ミストが出る扇風機なども活躍してくれています。



扇風機「涼太クン」が大活躍です。
【その3へ≫】

2019年6月13日木曜日

【本日の団体見学】アーカンソー大学の学生

本日は、本学で研修中の米国アーカンソー大学学生さんが博物館を見学されました。
外国人の方に説明するたびに英語を勉強しようと思うのですが、一過性で終わってしまいます・・・
本日は、国際交流センターの通訳の方のおかげで乗り切ることができました。
参加した学生のなかには、日本語ペラペラの方もいました。


2019年6月12日水曜日

【本日の団体見学】川津小学校の児童

 本日午前中は、島根大学の近くにある川津小学校の3年生児童たち107名が、大学訪問の一環で団体見学されました。
 子どもたちは、いろいろな化石や土器、剥製などをとても興味深く見学し、熱心にメモをとっていました。今回の大学博物館見学が、子供たちの好奇心を育む一助になりましたら幸いです。

2019年6月10日月曜日

島大会員のつどい

本日は、「島大会員のつどい」が開催され、会員の皆様が総合博物館をご見学されました。
「感動した!」というお言葉を寄せていただいた参加者の方もいらっしゃいました。ご見学、どうもありがとうございました。

2019年6月5日水曜日

博物館実習で鹿島町の博物館を見学

 本日は、総合博物館で開講している学芸員資格取得のための授業、「博物館実習II」で、松江市鹿島町の博物館を見学しました。
 最初に島根原子力館を見学し、ハンズオン展示や映像展示の多用などについて学びました。
 次に松江市立鹿島歴史民俗資料館を見学し、縄文前期の貝塚の剥ぎ取り標本などを見学しました。ここは考古資料が充実していて、小さくてもキラリと光る博物館です。
 最後に佐太神社を参拝し、帰学しました。来週は、八雲立つ風土記の丘に見学に行く予定です。
発電の仕組みについて学ぶことができるハンズオン展示


島根原子力館から見た鹿島町古浦

【発掘物語2019夏】松江キャンパスで遺跡の発掘調査を実施しています。

島根大学総合博物館では、先月から松江キャンパスで遺跡の発掘調査を実施しています。
島根大学松江キャンパスは全域が埋蔵文化財包蔵地として登録されているため、開発工事がある際は、事前に発掘調査をすることが文化財保護法で義務付けられています。今回は、新しい建物建設予定地の範囲を調査しています。
何が見つかるか・・・。今後逐次リポートしていきたいと思います。
【その2へ≫】
【関連サイト】

ニュースレター『SHIMADAI MUSE』No.6を発行しました。

島根大学総合博物館アシカル・ニュースレター『SHIMADAI MUSE』No.6を発行しました。
こちらから閲覧できます。
http://coc.lib.shimane-u.ac.jp/ja/7654

2019年6月4日火曜日

松江西高校の生徒がキャンパスツアーに参加しました。

 先週に引き続き、本日午後は、松江西高校の生徒約70名がキャンパスツアーに参加しました。
 総合理工学部11階からキャンパスや松江の町を一望したあと、総合博物館、附属図書館をまわり、大学ホールで行われている授業を外から見学させていただきました。
 本日は最高気温30度に届く暑い日でしたが、熱心に見学してくれました。


 また、引率の先生から、先週のキャンパスツアーに参加した生徒が回答したツアーの感想をいただきました。「大学進学に対して興味がわき、島根大学に進学したい」と書いていた生徒が結構多かったので、大変嬉しく思いました。
 ぜひ、島根大学に進学して、多くのことを学んでほしいです。

2019年5月31日金曜日

5月最終日

早いもので令和にはいって1か月が終わりました。
今月の入館者数は、702人でした。
来月は、団体客が目白押しです。引き続き頑張っていきたいと思います。

2019年5月28日火曜日

松江西高校の生徒がキャンパスツアーに参加しました。

本日午後は、松江西高校の生徒約70名がキャンパスツアーに参加しました。
総合理工学部11階からキャンパスや松江の町を一望したあと、総合博物館、附属図書館をまわり、大学ホールで行われている授業を外から見学させていただきました。
参加した生徒たちは、授業の様子や図書館をはじめ、キャンパスを歩く大学生や留学生を見て、大学がどういった雰囲気かを感じ取っていたようでした。
このツアーは来週も開催される予定です。また、お待ちしています。


2019年5月27日月曜日

キャンパスツアーを開催しました。

 本日午後は、3名のご家族がキャンパスツアーに参加されました。ご希望にお答えして法文学部の校舎内もご案内しました。
 当館では、島根大学がどんな大学かを受験生や保護者の皆様などに知っていただくためキャンパスツアーを開催しています。お気軽にご予約ください。

≫キャンパスツアーについて

2019年5月17日金曜日

【本日の団体見学】米子市啓成公民館、島根大学OBの皆様

 本日の午前中は米子市の啓成公民館の皆様、午後は島根大学OBの皆様の団体見学がありました。
 啓成公民館の皆様は、キャンパスツアーも行い、爽やかな天気のなか、新緑の松江キャンパスのなかをご案内させていただくことができました。
 どうもありがとうございました。


2019年5月16日木曜日

モンテッソーリの教具

 現在、常設展示「I 島根大学のこれまでとこれから」では、「モンテッソーリの教具」を展示しています。
 この教具は、20世紀初めに、イタリアの医師、マリア・モンテッソーリ(1870-1952)が開発した幼児教材です。
 展示品は、大正時代、島根大学教育学部附属幼稚園で使用されていたものです。当幼稚園の幼児教育の先進性がうかがえる貴重な資料です。

2019年5月14日火曜日

「斎田点定(さいでんてんてい)の儀」

 アオウミガメ の甲羅を火であぶり、ひび割れの具合から、大嘗祭 で供える米を育てる地方を決める「斎田点定(さいでんてんてい)の儀」が行われたそうです。
https://www.sankei.com/li…/news/190511/lif1905110028-n1.html

 当館にも山陰海岸に打ち上げられたと思われるアオウミガメの希少な標本が展示してあります。

2019年5月8日水曜日

学内の博物館実習で展示解説の練習

 博物館で開講している学芸員養成課程では、現在、学内博物館実習を行っています。
 前回までは、当館で展示されている資料を一つ選び、それについての展示解説パネルを作成してもらいました。今回は、作成したパネルを見せながら、実際に口頭で展示解説をしてもらいました。
 人前で堂々と話し、専門用語を一般の人にも分かりやすい言葉に置き換えて伝えることは難しいですが、皆さん、とても真面目に取り組んでいました。

2019年5月7日火曜日

令和元年度 島根大学総合博物館アシカル講座 第1ステージ 「石見学Ⅲ ~ 石見のこれまでとこれから ~」

令和年度 島根大学総合博物館アシカル講座 第1ステージ

見学Ⅲ ~ 石見のこれまでとこれから


令和最初の講座は、好評シリーズ「石見学」のパート3です!このシリーズでは、石見の自然史や地理・伝統産業について振り返り、地域の今後を展望していきます。
会 場: 島根大学生涯教育推進センターICT演習室
   (松江市西川津町1060 島根大学生物資源科学部3号館内・総合博物館隣
対 象:市民一般・大学生・高校生
その他:予約不要・参加費無料

第111回「石見の地質と化石」
 講師:入月俊明(島根大学総合博物館館長・島根大学学術研究院環境システム科学系教授)
 日時:2019年7月6日(土) 13:00~14:30

第112回「江戸時代『石見国絵図』を読み解く」
 講師:会下和宏(島根大学総合博物館副館長・島根大学学術研究院人文社会科学系教授)
 日時:2019年7月20日(土) 13:00~14:30

第113回「海のたたら、川のたたら ~ 石見のたたら製鉄 ~」
 講師:角田徳幸(島根県教育委員会・島根大学嘱託講師)
 日時:2019年8月24日(土) 13:00~14:30

第114回「地図から読み解く石見の集落 ~ なぜ石見は過疎発祥の地となったのか ~」
 講師:作野広和(島根大学学術研究院教育学系教授・島根大学総合博物館兼任研究員)
 日時:2019年9月7日(土) 13:00~14:30

会場横にある島根大学総合博物館、開館中です! 


旧ミュージアム本館の解体工事(その2)

GW明け、旧ミュージアム本館の解体工事が進行しています。

【関連記事】

2019年4月25日木曜日

旧ミュージアム本館の解体工事

旧ミュージアム本館の解体工事が進んでいます。
蚕が桑の葉を食べるようにどんどん壊されていっています。



2019年4月23日火曜日

アシカルがデビューしました!

本日から当館のゆるキャラ「アシカル」が本格デビューしています。早く覚えてほしいです。

アシカルのパンフレットも発行しました。

島根大学総合博物館アシカル パンフレット

2019年4月22日月曜日

GW期間中の開館日・休館日のお知らせ

 GW期間中の島根大学総合博物館アシカル(本館)島根大学旧奥谷宿舎(分館)の開館日・休館日は下記の通りです。皆様のご来館をお待ちしております。

【開館日】
4月27日(土) 10:00~17:00
【休館日】
4月28日(日)~5月6日(月祝)

【開館日】
4月28日(土)~5月6日(月祝) 10:00~17:00 ←10連休期間中、休みなし!

島根大学総合博物館の愛称・マスコットキャラクターが「アシカル」に決定しました!

 島根大学総合博物館では、親しみのある博物館を目指して、館の愛称とマスコットキャラクターを募集していましたが、学内外からマスコットキャラクター327点、愛称937点の応募がありました。多くの皆様からご応募いただき、まことにありがとうございました。
 このたび、厳正な選考の結果、本学学生が考案した下記の作品に決定いたしました。愛称「アシカル」は、法文学部の青山沙香さん、マスコットキャラクター原案は法文学部の小池真雪さんによるものです。
 今後、当館のパンフレット、ホームページなどで使用し、学生や市民から末永く愛される博物館を目指していきたいと思います。今後とも「アシカル」をよろしくお願い致します。

愛称・マスコットキャラクター 「アシカル
愛称・キャラクターの由来
 当館の目玉的な展示資料「ニホンアシカ」のキャラクターです。「アシカル」は、「ニホンアシカ」と「カルチャー」を合成した名前。また、足(あし)を軽(かる)くしてお気軽にご来館していただければという願いもこめています。さらに、社会貢献を表す「エシカル(ethical)」の意味も含まれています。
本日、当館の入月館長から、アシカル発案者の学生に副賞として図書カードが進呈されました。